So-net無料ブログ作成

ヒートショックの対策のポイントは暖房にある?! [健康]

ヒートショックという冬に表われる独特の症状をご存知でしょうか?

ヒートショックとは主に入浴の際に見られる症状で、血圧の急激な変化をきっかけとして起こります。


その内容はとても怖いもので「脳卒中」「心筋梗塞」など
最悪の場合死に至る病気を発病することがあります。

ではこのヒートショックはどのようなメカニズムで発症するのでしょうか。


冬場の気温と脱衣所の環境


体の血圧は常に一定に保たれていますが、外気温によって変化するようになっています。

寒ければ筋肉が収縮し、血圧が上がりますし、
温かいと血管が拡張して血圧は下がります。

ここまでは普通の生理反応ですよね。


しかし、冬場の脱衣所や入浴はこの血圧の急激な変化を起こしてしまうのです。
少し詳しく見て行きましょう。


脱衣所で服を脱ぐと外気温にさらされ、体温は下がります。

これによって一時的に血圧が上がってしまうのですね。
症状が強いと動悸を感じる人もいるかもしれません。


そして、その状態でシャワーなり入浴なりをすると急激な血圧低下を引き起こします。

これは心臓に大きな負担をかけるきっかけとなってしまいます。


特に高齢者によく見られる症状で心機能が低下している人は注意が必要です。


では、どういった対策をすればいい?


対策でポイントとなるのはなるべく体を冷やさないということ。つまり、暖房を脱衣所でもかけることが重要です。


体温の変化が血圧の変化を生み出してしまい、ヒートショックを招いてしまいます。

そんな面倒なことは出来ないよ、
と思っていても動悸やめまい等が見られる場合は
心機能が低下しているかもしれませんので、
是非暖房をつけるようにしてくださいね。


またできるだけ体を温めた状態で入浴するのもいいかもしれませんね。

部屋では体を冷やしすぎないよう対策を取ってください。

厚着をしたり、温かい飲み物を飲むだけでもかなり変わると思いますよ。






WorldHopper
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。