So-net無料ブログ作成

エボラ出血熱とは?日本の対策はどうなっている? [ニュース]

エボラ.jpg
http://okusamachannel.blog.fc2.com/blog-entry-351....より引用

アフリカで猛威を
ふるっているエボラ出血熱。

致死率が50%
超える急性のウィルス感染症です。

ahurika.jpg
http://blog-imgs-69.fc2.com/t/o/k/tokitabiyohane/20140802030118ce8.jpgより引用

現在、アフリカの
ギニア、
リベリア、
シエラレオネ、
ナイジェリアで
感染者が確認されていて、
死者は932人。

また現地では、
感染の危険性から
感染者と思われる人が
うずくまって
搬送されないまま
死亡していくということも
しばしばあるようです。

エボラ出血熱とは?

エボラウィルスを媒体として
感染する急性のウィルス感染症です

致死率が50%
非常に高いのが特徴です。

症状としては
39度以上の高熱。
消化器系や鼻腔、口などを
主とした出血が見られます。

インフルエンザに症状は似ていて、
これ以外に頭痛、下痢なども見られます。

空気感染をせず、
感染者の唾液、
血液などの体液
媒体として感染します。

ウィルスの数が数個で
感染するとも言われ、
非常に感染力が強いのが特徴です。

7日間の潜伏期間を経て、
急激な症状が感染者に現れます。

現在有効な治療方法が
確立されていないため、
感染者の隔離、
遺体をしっかりと
埋葬するなどの
対策しかないのが現状です。

エボラ出血熱と日本の対策

厚労省.gif
http://merumaga.mhlw.go.jp/より引用

エボラが初めて確認されてから約40年間、
日本人が感染したという記録はありません。

厚生労働省は感染者に対して、
感染症法と呼ばれる法律に基づいて
検査、消毒、入院という対処を行います。

現在では、エボラが流行っている
西アフリカへの渡航を控えるという
注意喚起程度の対策しか
行われていないようです。

空港での対策

成田空港.jpg
http://www.asahi.com/topics/word/%E6%88%90%E7%94%B...より引用

日本の玄関口である成田空港では、
エボラ出血熱のパンデミックを受けて、
ポスターやパンフレットを置くことにより
旅行者に注意喚起をしているようです。

その他、サーモカメラを用いて、
渡航者の体温に異常がないかをチェック。

異常が見られた場合、
別室でさらに検査を受けることになっているようです。

■この記事を読まれた方はこんな記事も読んでいます。
【2014】スーパームーンってなんだろう?日本ではいつ見られるの?【徹底解明】
2014年国民的美少女コンテストの順位はこれだ!
堂本兄弟が打ち切り!その理由とは!?
【画像】オススメの観光地「竹田城跡」とは?



スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。